Let  it  go 

♪ありのままでいい~♪

"ありのままのあなたには数えきれない多くの強みがある"

 



残暑お見舞い申し上げます

立秋も過ぎ早一週間、まだまだ連日猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

レリGの利用者様からも毎日のように暑いねぇ、参っちゃうよなどの会話が聞こえてきます。中にはシャワー浴びて扇風機にあたってれば大丈夫だよ!とエアコンを使わない強者もいらっしゃいます(熱中症の心配をいつもしています・・・)

またご実家へ帰省された方もいらっしゃり、お土産話などを聞くことや、こんがりと日焼けした方もしばしば見受けられます。

皆様各々楽しい?夏を過ごされているようです。

この暑さも当分の間続きそうですが、くれぐれも皆さまご自愛ください。

 

梅雨の時期の涼しさとは一転猛暑、酷暑が続いています。

暑い⇒汗⇒ニオイが気になります時期です。

ニオイのマナーについてスメルハラスメントなど問われてしまう近年ではありますが

汗対策、ニオイ対策はいかがでしょうか?

ふだんあまり運動をしない人ほど汗臭がしやすい傾向にあるようです。

汗をかく習慣がないと「べとっ」とした汗をかきやすく臭ってしまう。

また、汗はもともと無臭で皮膚の汚れ、アカ、皮脂によりニオイを発しているので

ゆっくり丁寧に身体を洗うこと、ゴシゴシ洗うと必要な皮脂まで落としすぎかえって

ニオイが強くなるそうです。

特に「頭皮」「耳の後ろ」「首の後ろ」「方、背中」はニオイが発生しやすい部位なので要注意!

毎日お風呂に入り肌の清潔を保ちましょう!

暑い夏、部屋で過ごすことが多く、汗対策も汗拭きシートやスプレーなどいろいろな

対策グッズはありますが、心身を整える為にも夕方など比較的涼しい時間に

ウォーキングや有酸素運動を取り入れ良いサラサラ汗をかくのも気持ちいいものです。

 

外の暑さから室内のクラーに体調を崩される方も多いと思います。

こまめな水分をとり夏を楽しみましょう。

改正と施行

こんにちは!グループホームレリGです。

急に真夏がやってきましたね。皆さん体調はいかがでしょうか?水分補給のほか、熱中症にならないよう十分にエアコンを活用されていると思いますが、夜中に冷えすぎて体調を崩されてしまう方がレリGでもいらっしゃいました。夜間は風量を抑えたりタイマーを活用するなど調整が必要ですね。

 

そんな暑苦しい中で小難しい話をするのはいかがかなとは思いますが、本日は「改正と施行」の話です。

「改正と施行」と言えば法律。会社勤務されている方はご存知だと思いますが今年4月より改正された労働基準法が施行され、10日以上の年次有給休暇を付与されている労働者に対し、年5日の年次有給休暇を取得させることが会社側の義務になったことが話題になっていますね。この改正は皆さんにとってかなり身近なできことであったのではないでしょうか。

 

さて、もう1つ皆さんにも影響がある法律の改正が202041より施行予定です。

 

それは「民法」です。

120年前に成立した民法ですが、それ以来の大改正が2017年に成立・公布されており現在はその周知期間にあります。

民法とは私たち一般の人間同士の社会生活について原則的なルールを定めたものです。

 

今回の改正では、特にアパート・マンションなどの賃貸関係に大きな影響がある改正となりました。

 

主要な改正点として

・連帯保証の「極度額」の設定

言い換えると「保証の上限額」を設定することが必要になりました。設定されていない場合、その保証は「無効」となります。無効だと、大家さんは滞納家賃等を保証人に請求できません。

 

・賃借物の一部滅失などによる賃料の減額

借りてる部屋やその設備に不具合がある場合、今までは賃料の減額の「請求ができる」でしたが、改正後は「請求しなくても当然に」減額するとなりました。ただし実際どのように機能するか不透明な部分はあります。

 

・敷金返却と原状回復ルールの明確化

敷金の意味、返還時期、返還の範囲と、それに伴う退去時の原状回復について条文にて明文化されました。現状と大きな変化はありませんが、明確になった分「知らない」は通らなくなります。

 

いかがでしょうか。

読んでいるうちに眠たくなった方もいると思いますが、上記にも記載したように、トラブルが法律問題になった場合、「法律を知らなかった」は原則通りません。アパートを新しく借りたり、更新の予定がある方、そのほか大きな買い物をする際は、契約書を良く読んで疑問点は確認してみてくださいね。

それではまた。

レリGお料理推進委員会(仮)第七回

おはようございます。お料理推進委員会(仮)担当GHスタッフ S(雨に濡れる独身) です。

 

前回までにご飯のおかずとして汁物、主菜の肉料理・魚料理と紹介してきました。

今回は食卓にもう一品。『野菜を使った副菜』です。

 

レシピの前に改めてこのシリーズの考え方のおさらいです。

・「短時間&簡単に」

・「【今あるもの】or【すぐに買えるもの】で」

・「アレンジでバリエーションを増やす」

では、上の3つの考え方を踏まえて今日もお料理に挑戦していきましょう。

続きを読む

認知行動療法について

皆さん、こんにちは!グループホームレリGです!^^

今回は認知行動療法について数回に分けてお話をしていきたいと思います。

 

現実の受け取り方や物の見方を認知と言いますが、認知に働きかけてストレスを軽くしていく治療法を

「認知療法・認知行動療法」と言います。

認知には、何かの出来事が起こった時に瞬間的に浮かぶ考えやイメージがあり、それを「自動思考」と呼びます。

ストレスに対して、強い心を育てるためには「自動思考」に気づき、それに働き掛けることが役立ちます。

 

認知行動療法は様々な精神疾患の治療に活用されている心理療法の一つです。

思考や行動の癖を把握し、自分の認知・行動パターンを整えていくことで、生活や仕事上のストレスを減らしていく方法のことを言います。

 

私たちが、普段生活している日常では物事を主観的に判断しています。

自分と他人、もしくは自分自身の感情ありかたで同じ出来事が起こったとしても認知の仕方で感情も変化します。

例えば…

ストレスを感じた時、悲観的になり落ち込む人もいれば、怒りだけが止まらない人もいる。すぐに立ち直る人もいれば、引きずる人もいる。

 

これは人それぞれの認知の違いから生じています。出来事をどう認知するかで感情や行動が変わる為、認知と行動、感情は密接に関係しているといえます。

 

学習の理論をもとに患者の行動の変容を促す「行動療法」と医者が患者の認知の歪みを捉え、積極的にアドバイスをすることで治療の効果を期待した「認知療法」が基礎となっています。認知行動療法とは認知と行動、共に働き掛ける技法の総称だと言えます。

うつ病や、双極性障害、パニック障害、脅迫性障害など、様々な精神疾患の治療に有用とされ、近年日本でも注目されています。

 

認知行動療法によって期待できる効果は?

・回復率が高い

イギリスでの調査によるとパニック障害や強迫性障害における治療の約7割で薬物治療よりも高い効果が示されたという結果が出ているそうです。認知行動療法を採用されることが多い理由となっています。

 

・再発率が低い

追跡調査においても、薬物治療に比べ認知行動療法は患者の再発がしにくいという結果が出ています。精神疾患は再発する可能性が高いものも少なくはありません。再発率が低いということは大きな効果があるということでしょう。

 

 

メリット・デメリットはあるの?

メリット

・副作用がない

・薬物治療と同じような効果が得られる。

・治療だけでなく、予防的観点からも役立つ

 

デメリット

・薬物治療と比較して即効性があるわけではない為、短期的に効果が出ない。

・一部の精神疾患には保険が適用されていない。

・認知行動療法の効果が出にくい、あるいは合わない場合もある。

・提供できる専門機関が少ない。

 

認知行動療法は、認知や行動に働きかけて治療していく為、すぐに効果を得られないので、長期的に取り組むことが大切になってきます。

 

ここまでで少しどのようなものかわかってきたでしょうか…?

なんだか難しそうと思うかもしれませんが、少しずつ自分の考え方の癖や、人との違いを考えていけたらいいなと思います!

次回はやり方や流れ、種類などを説明していきたいと思います!^^